アパレルの店舗ではストック整理が大切

アパレルの店舗で働く時に一番大切なことは、ストックの整理です。
女性であれば更に苦労することになりますが、基本的に肉体労働であるので日頃から整理しておかなければ、いざという時に目当ての物を取り出せずに損失になる場合もあります。

春にはストックには冬物で埋め尽くされます。
基本的には流通センターへ送る作業によって多くの商品はストックから運び出されますが、店舗管理となっている商品も多いので、しっかりと整理しておかなければなりません。
1年を通してストックから出すアイテムの位置を把握して、先頭から順番に出していけるようにストック整理することが大切です。

男性であってもダンボールが積み重なっている状況でいくつも運び出すことは業務に支障をきたします。
基本的に立ちっぱなしの仕事であるので、こういった肉体労働は営業中の体力の消耗に繋がります。

アパレル業界は肉体労働とは無縁だと考えられることもありますが、実際はストック整理や清掃や品出しで肉体労働をしています。
アパレル業界は、体力が無ければ働く事が出来ません。
体力があっても消耗の多い業界であるので、出来るだけそういった消耗を抑える為にも、ストック整理をしておくことが大切です。

ストックに置くものは、季節外れの商品だけではありません。
ポスターや看板などの販促品も多く置いています。
使わなくなった販促品は、すぐに廃棄してスペースを確保しなければ、どんどん次の販促品が届くことによって、ストックにある商品を取り出すことも難しくなります。

客にサイズが無いからストックから探して欲しいと頼まれても、すぐに見つけることが出来なければ、結局販売出来ずに終わることになり、店にとっては損失になります。