アパレル業界で大事な服のたたみ方

アパレル業界に転職を希望する人は多くいます。
アパレル業界と言ってもさまざまな職種に分かれており、その中でもショップ店員が人気です。
カリスマショップ店員がいるお店は常に時代に最先端を走っており、トレンドの発信源でもあります。

アパレル業界に転職した場合、ショップ担当になると、大事なのが服のたたみ方です。
買い物などでお店に入ると立った状態にも関わらず、接客しながら上手に服をたたむ店員に遭遇したことはないでしょうか。

家では立ったままの状態で洋服をたたむといった行為は、あまりしないと思います。
なぜなら、座ったほうがキレイにたためますし、あえて立ってたたむ必要もないからです。

しかし、お店だとそうはいきません。
座って接客など出来ないところが大半ですし、ほとんどのお店は土足ですから、座ってしまうと体も商品も汚れてしまう可能性があります。

大事な商品ですから、いつでもきちんとキレイに並んだ状態でお客様に見ていただくことが大事ですし、家でも同じことが言えますがお客様をお招きする際に、お部屋をキレイにするのと同じで、おもてなしは汚い状態では失礼にあたります。

いつでも気持ち良くお買い物をしていただくためにも、きちんとキレイにたたんだ状態で商品を見ていただきたいものです。

接客の基本は立った状態ですから、たたむときも必然と立った状態になります。
立った状態でたたむのは意外と難しく、スムーズにいかないものです。
しかし、練習を重ねることで、すばやく簡単にキレイにたためるようになります。

気持ちの良い接客ができればお店も好印象ですし、お客様が増えれば会社にも貢献できます。
転職の成功のカギは、企業が何を求めているかを把握して、面接のときにそれを発信できるかどうかが重要です。